SHS

Makiko Method

薬なしでなぜ治るかを体験するワークショップ

「真我を開くセルフ・ヒーリングへの道 」マキコ・メソッド のセミナー第2弾 

薬なしでなぜ治るかを体験するワークショップ

10月のWeeklybiz紙でのコラムでも触れましたように、まず、東洋医学では、西洋医学のように、全ての人に共通の、これでなければいけないといった基準になる数値は存在しません。病気であるかないかの基準が対他人ではなく、本人の体と心と魂間を流通するエネルギーの調和なのです。つまり他人と比べて良し悪しを決めるという考え方がないということになります。今回は前回(7月29日開催)のパレンバーグ・智恵子氏に加えて、鎌田志保氏にご参加頂き、同じマキコ・メソッドなのに、お二人全く異なるところに治癒が起こった理由を見出している不思議な体験談をお話しいただきます。病気が地球における自然界の起こるべき現象であり、それが治るには、ご本人の自然な姿に戻ることが一番であるという事を体験していただくワークショップです。

プログラム:

1.    鎌田志保氏とパレンバーグ智恵子氏の体験談

2. カストロ牧子によるワークショップ

3.    デモンストレーション(参加者からミニ・セッションを受けたい方を

募ります。) … Continue reading →

東京&神戸、カストロ牧子とパレンバーグ智恵子氏の対談セミナー へのご案内

自閉症、うつ病、不定愁訴は、実は治る!

 

カストロ牧子とパレンバーグ智恵子氏の対談セミナー

「真我を開くセルフ・ヒーリングへの道 」マキコ・メソッド 

… Continue reading →

NYC、牧子カストロと智恵子パレンバーグ氏の対談セミナー へのご案内

牧子カストロと智恵子パレンバーグ氏の対談セミナー

「真我を開くセルフ・ヒーリングへの道 」マキコ・メソッド 

 

病気とは何でしょうか?どうして私達は病気になるのでしょうか?病気を治すとは一体どういうことでしょう?牧子カストロによって開発されたマキコ・メソッドは体と心の姿勢、食習慣の見直しによって病気を改善し、自分を100%生きる方法を説いています。このメソッドに沿った指導で、自閉症や鬱病、免疫不全などあらゆる病気や心の悩みを浄化することができた方はあとを絶ちません。 … Continue reading →

オンラインストア本日開店!

皆さまに、嬉しいお知らせです。

弊社オンラインストアが、本日オープン致しました!

お試し期間中、全商品25%引き! 

51日から630日までの2ヵ月間のお試し期間中、全商品25%引きです。是非この機会にお試しくださいませ。 … Continue reading →

2017年、新年のご挨拶

 

新年、明けましておめでとうございます。

「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが、いつまでも隠したままでは何にもなりません! … Continue reading →

Apple Pie (GAPS OK!)

Did you try The pumpkin pie ? Baking is very therapeutic. Actually all home cooking are. Just start! You do it more, it will become easier to do. I like to bake a pie in an evening after I come back from work. My husband tells me ” You are crazy!” with a smile. He knows that however the taste is, he has to eat:) … Continue reading →

Pie Crust (GAPS OK!)

For the crust of any pies, you can use basically the same recipe.

Pie Crust Ingredients: … Continue reading →

Pumpkin Pie (GAPS OK!)

How was your Thanksgiving ? It’s a season for pies!  So today I would like to share my pumpkin pie recipe with you – No sugar, No wheat floour, No preservatives and food additives.  Very healthy sweets!  And very easy…unbelievable! … Continue reading →

発酵チリペッパー

… Continue reading →

桃のソース

親と子について2.

(親と子について 1.の続き)

狼少女ジェーンのお話しを、皆さんも一度は聞いた事があるだろう。何等かの理由で、狼に育てられた子供の話しである。こういった動物に育てられた子供たちを、Feral Child (野生児)と呼ぶ。私には、日本語の「野生児」が、いまいちピンと来ないのでFeral Childを、使うことにする。実際にあったFeral Childのケースについては、下記に3つほど、リンクを張っておく。(時間が出来た時に、翻訳してみる予定。) … Continue reading →

親と子について1.

昨日、お友達とおしゃべりをしていて、「絶対視」という言葉を聞いた。久しぶりに聞いたためか、とっても新鮮な感じがして、興味を持った。

「絶対視」・・・聞いた瞬間、私の中で、ちょっとだけ時間が止まった。

この言葉が、最近私が Curious (日本語でいうと好奇心ですが、何かちょっとニュアンスが違うような気がするので、ここではCuriousにしておきます。)に思っていた事に、答えをくれたような気がしたのだ。

・・・と解ったのは、これを書いているたったの今なのだけど。 … Continue reading →

カナダの新調査報告、子宮頸がんワクチン(HPV)の危険性認めず

HPVワクチンによるひどい副作用の問題が明らかになって、随分たちます。 副作用の被害にあわれた若いお嬢さんたちは、どうされているのでしょう?

GAPSプラクティショナーとして、自閉症などの発達障害や学習障害だけでなく、医者の治せないさまざまな心身の病気を治すお手伝いをしてきた経験から申し上げます。

ワクチンによって起こされる様々な機能障害は、ワクチンに含まれる毒による免疫不全です。ワクチンに含まれる重金属や化学物質が、腸内細菌叢のバランスを壊してしまうのです。腸内細菌叢なしに、人間の免疫機能は機能しません。つまり、治るものも治らないという事になります。 … Continue reading →

岡牧子、NYでの「ビューティーエキスポ」に登壇、「美の真意は腸の中にある」 パート2.

(パート1.からの続きです。)

岡牧子流・美しくなる秘訣その2

バランスの取れた食生活を送る

英語でも”You are what you eat”と言われるように、人間の体は食べたものからできています。岡は講演の後半で、この一番大切なメッセージを送りました。

… Continue reading →

岡牧子、NYでの「ビューティーエキスポ」に登壇、「美の真意は腸の中にある」 パート1.

「美の真意は腸の中にある」講演内容をレポート!

5月20日(金)午前11時から午後7時まで、マンハッタンはミッドタウンのタカラベルモントNYショールームで、『週刊NY生活』主催「ビューティーエキスポ」が行われました。

会場ビルの最上階では美に関するテーマでセミナーが開かれ、スピーカーの1人として、同紙でレギュラーコラムを連載中の、当社「Natural Healing Artists, Inc.」代表・岡牧子が登壇。岡はこの日、「美の真意は腸の中にある」というテーマで美と腸のつながりについて講演しました。

岡は、外側から作った表面的な美しさではない”美の神髄”について話し、会場では興味深く熱心に聞き入る参加者の姿が特に印象的でした。

… Continue reading →

ホワイトハウス特派員協会ディナーでの、オバマ大統領のジョークを聞いて。

 

オバマ大統領が、昨晩行われたホワイトハウス特派員協会ディナーで、ジョークを飛ばし続けるというスピーチがありました。英語のジョークを聞き取って理解するのって、カルチャーが違い過ぎて、ちょっと難しいんですけど、昨晩は私もかなり笑えました。

その中に、「スポットライト」という最近公開された映画に触れてのジョ―クがありました。 この映画に出演したレイチェル・マクアダムス、マーク・ラファロとリーヴ・シュレイバーが、ディナーに招待されていました。

オバマ大統領は、 … Continue reading →

人生の壁にぶつかった時、どうするか

人生、短いようで長く感じるときもありますよね? 大小、様々な壁に何度もぶち当たるでしょう。

ぶち当たった時に、一番大切なのは自分の弱みと向き合う事ですね。・・・、そう、わかっていても、なかなか難しい。

大抵ぶち当たる壁は、対人関係。 … Continue reading →

「コレステロールの真実 – 美容・健康、全ての悩みが解消する!」セミナーのご案内

岡牧子によるセミナーシリーズ 「マキコの健康“真”神話」

現代医学は矛盾だらけ!世間の常識にだまされていては、健康になれない!体と心の本物の健康を追求し続けるヘルス・コンサルタント岡牧子が、ここだけでしか聞けない、目からウロコの真実をお伝えします。自分の体、健康に対する見方が180度変わります。これで、あなたも医者いらず!

=セミナー第二回目=
【テーマ】「コレステロールの真実 – 美容・健康、全ての悩みが解消する!」
【日時】3月5日(土) 午後1時〜2時半まで
【会場】CRS
【場所】123 4th Ave. 2nd Fl (between 12th and 13th St. THINK COFFEEの上)
【参加費】40ドル(当日現金払い)
【定員】15人
【申し込み】Eメールでmakikomethod@gmail.com

【締め切り】3月4日

ジーカウイルスと三種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風)の関連性

ブラジルでの障害児の急な多発は、新ワクチン(Tdap:三種混合ワクチン)が原因である可能性があると、アクティビストたちは言う。

https://www.wddty.com/news/2016/02/brazils-baby-defects-outbreak-could-be-caused-by-new-vaccine-activists-say.htmlから。

翻訳、岡牧子 … Continue reading →

食習慣は、愛の表現

食習慣というのは、食べ物の問題ではありません。

食習慣は、皆さんの生きる姿勢そのものです。

皆さんが、本当に自分や家族を愛しているなら、食事=食べる事を通して、どのようにその愛を表現するのでしょう? … Continue reading →

自分の健康は、自分で守る!- 免疫力が、健康の真理1.

人間の健康の真理は、免疫力にあります。 … Continue reading →

自分の健康は、自分で守る!- チョイスは様々、間違いもOK!

全ての私たちが、死ぬまで変化の途中にあるわけですよね? 死ぬ瞬間にならなければ、あるいは死んで見なければ、本当に自分の選んだ人生が正しかったかどうかなんて、結局のところ解らないわけですよ。それに、死んだ人が自分の人生を振り返って、どう思っているのかなんてどう頑張っても解らない。

死んだ人の人生が良かったか悪かったか判断して、ゴチャゴチャいらん事を言うのは、残された人達だけですから。

あるヒーラーが私に教えてくれた事の中に「suffering well」というのがあるのですが、これ、日本語にすると「良く、苦しんでいる」となります。

「良く」+「苦しんでいる」 … Continue reading →

自分の健康は、自分で守る!- 真理を見極める

様々な矛盾した健康情報が飛び交う中で、何が真実なのかを見分けるのは至難の業でしょう。

でも、真実を見極める方法を修得する術は、昔から存在します。

昨今のスピリチュアル・ブームで精神論的な学習が進んでいるので、「善悪のジャッジメントをしてはいけない」という言い回しがあるのを、皆さんご存知だと思います。

この善悪のジャッジメントを捨て去る事が、真理を見極められるようになる事なのです。 … Continue reading →

自分の健康は、自分で守る!

子宮頸がんワクチンの副作用の問題、MMRワクチンや抗生物質と自閉症などのGAPS症状とのリンクの問題、他にも、伝染病のような勢いで広がる現代の医原病、市販されている食べ物に含まれる私たちの健康に悪影響を及ぼす様々な化学物質や、田畑、飼育・養殖場で使われる毒性物質などによる健康被害など・・・、

政府や自治体が、あるいは社会が、そして私たちの健康を回復するのが職業であるはずの医者たちまでが、必ずしも私たちの健康を守ってくれるわけではないという事が、良くお解かりいただける事と思います。 … Continue reading →

WHOの職員の、子宮頸癌ワクチンの危険性隠し – HPV vaccines Gardasil and Cervarix

ワクチンに含まれる腫瘍壊死因子が深刻な副作用を起こす

http://www.westonaprice.org/press/officials-cover-up-dangers-of-hpv-vaccine/

ミルフォード・モレキュラー・ダイアグノースティックス・ラボラトリーの、シン・ハン・リー医学博士は、WHO(世界保健機関)の局長であるマーガレット・チャン博士に、ヒトパピローマウイルスワクチン (HPVワクチン、子宮頸癌ワクチン)の安全性に関して、国際的規模の大衆を欺いたとして、相対的な職権乱用、不正行為と、犯罪行為の可能性を主張する公式の抗議公開状を送りました。 … Continue reading →

コレステロールの真実3 – 脂肪不足で不妊症になる

「コレステロールなしで、私たちは子供を作る事は出来ません。何故なら、私たちの体内の全ての性ホルモンがコレステロールで、出来ているからです。」 … Continue reading →

コレステロールの真実2- 脂肪不足が原因で治らない病気

特に脳は、その60%がコレステロールで出来ているそうで、これは身体全体に必要なコレステロールの25%に当たるそうです。また全身を網羅する神経は、ミエリンという鞘に守られているのが健康な状態ですが、このミエリンもその主な構成物質のうち25%がコレステロールです。

http://study.com/academy/lesson/what-is-a-cell-body-definition-function-types.htmlから。

(Dendrite:樹状突起、 Nucleus核、 Cell Body:細胞体、 Axon:軸策、Node of Ranvier:ランヴィエ絞輪、 Myelin Sheath:ミエリン鞘、 Axon Teminal :軸策末端 Schwann Cell:シュワン細胞) … Continue reading →

Cholesterol: Friend Or Foe?

Cholesterol is a very important healing food! If you have a memory problem, skin problem, … Continue reading →

コレステロールの真実

これまで数十年に渡って、まるで悪の根源であるかのように扱われてきたコレステロールですが、実は悪の根源どころか、私たちの健康において、なくてはならない必要な物である事を認める記事が堂々と報道されるようになりました。 … Continue reading →

メタボ症候群の原因「ダイエット-心臓仮説」

ナターシャ・キャンベル-マクブライド博士のホームページから。

翻訳、岡牧子

もし貴方が、道行く人に心臓病の原因を尋ねたなら、貴方は彼らの答えが、バター、卵、肉と脂肪である事を、すでにご存じのことでしょう。でも、この考え方がただの仮説であって、未だに証明されていない全面的に間違ったものである事まで、ご存知でしたか? … Continue reading →

ラーメンとメタボ症候群との関係

The Healthy Home Economist のサラさんの記事から。

WAPF年次総会で、サラさん(右)と。

 

 

 

翻訳、岡牧子

一万人を超える人を対象に調査した新しい研究結果が、ラーメンの危険性を警告しています。特に女性に対して、ラーメンに含まれるMSGが、信じられないくらい酷く、新陳代謝の機能を混乱させ、脳の一部である視床下部を焦げつかせてしまうのです。 … Continue reading →

岡牧子によるセミナーシリーズ 「マキコの健康“真”神話」 1月16日スタート NYで開催

岡牧子によるセミナーシリーズ 「マキコの健康“真”神話」

1月16日スタート! NYで開催

現代医学は矛盾だらけ! 世間の常識にだまされていては、健康になれない! 体と心の本物の健康を追求し続けるヘルス・コンサルタント岡牧子が、ここだけでしか聞けない、目からウロコの真実をお伝えします。自分の体、健康に対する見方が180度変わります。これで、あなたも医者いらず!

=セミナー第一回目=
【テーマ】「メタボ症候群は、脂肪を食べれば治る!」 … Continue reading →

2015年GAPS国際年次総会からのご報告

… Continue reading →

TPP、米議会審議へ 反対派の働きかけ本格化

先日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が大筋合意に達しました。日本で、TPP反対運動が盛んに行われています。同様に米国でも、TPPが大企業の利益のために作られたという批判があります。また、この協定が、各州で活発化している遺伝子組み換え食品の表示を義務づける動きや、地産地消運動を阻む可能性があるといった理由から、そして協定内容が非公開になっていることから、反対の声が大きくなっています。 … Continue reading →

日本語訳版「腸と心の症候群」、初レヴュー!

今まで原因が詳しくわからなかった病気に対して、新しい方向からのアプローチがわかりやすく説明してあり、一家に一冊あってよいと思う。ただ、全てを実践するのは非常に難しくて、日本に住んでいるからこそ手に入りにくい食材なども多い。金銭的にも大変であるがしかし、健康はお金に変えられないので、覚悟を決めて長期戦で実践していくしかないと思う。完璧にやろうとすると余計にストレスがかかるので出来る事からでよいのではないか。」(米国アマゾン・レヴュー) … Continue reading →

「ボーンブロス、NYで大流行」

最近、日本のメディアにも、ジワジワと紹介され始めたボーンブロス

ボーンは骨、ブロスは液状の食べ物。ちなみに、英語の「ブロス (Broth)」は、フランス語で「ブイヨン( Bouillon)」、イタリア語で「ブロード(Brodo)」 、そして日本語では「出汁」。 … Continue reading →

ワクチン接種と自閉症 7.-ワクチンによる障害防止策

私どもNatural Healing Artists社が翻訳・出版した「GAPS 腸と心の症候群」の、68~72ページに、障害防止対策について、ナターシャ博士のアドバイスが書かれていますので、そちらも参考にされると良いでしょう。

ここには、この2年間のGAPSプラクティショナーとしてをもとに考えられる事をお話してみます。

先ず、ワクチンによる障害防止策 の基本となる知識をまとめてみます。 … Continue reading →

ワクチン接種と自閉症 6.-ワクチンによる障害防止策

ワクチンを一生さけるのは至難の業です。なんと言っても製薬会社と手を組んでいる政府と学校制度は直結していますし、ワクチンを受けないと学校に入学できないといった問題が出てきます。

そこで、ワクチンによる障害を防止するために少し知恵を働かす必要があります。

  1. 先ず、現代社会では、健康は儲かる商売であるという事を頭に入れておいて下さい。
  2. そして、その食い物にされないためには、ご自分とご自分のお子さんの健康は、ご自分で守るしかない事を学んでください。
  3. また、膨大な量の健康情報が存在する中で、真実を見極める力をつけてください。

その方法について、次回お話します。取り急ぎ、上記3つの条件を考え始めてください。

ワクチン接種と自閉症 5. -GAPSプラクティショナーとしての、私の経験

これまで、ワクチン接種と自閉症1~4を通して、ワクチン接種と自閉症に代表される子供たちの発達障害、学習障害、情緒障害との関連とその周辺の事について、社会で取りざたされている事をご報告してきました。

このワクチン接種と自閉症 5.では、私自身のプラクティショナーとしての経験をご報告します。

私がGAPS食事療法のプラクティショナーになって、早2年余り。日本人も、アメリカ人も私のニューヨークのオフィスを訪れたGAPSの子供(15歳以下)のクライアントで、ワクチン接種が原因の一部に含まれていない例は一切ありません。

ワクチン接種自体が病気の原因の全てではないのですが、ワクチン接種はいわゆる ”the last straw on a camel’s back” (「もう一本の藁がラクダの背中を壊した」)になっています。 … Continue reading →

ワクチン接種と自閉症1.

ワクチン接種と自閉症、及びその他の発達障害、学習障害、情緒障害との関係は、誰もが気になるところでしょう。

実際、私のオフィスを訪れる、こういった問題を抱えるお子さんたちのご両親は、あるワクチン接種を切っ掛けに、子供たちの様子がおかしくなったと、証言しています。どのお子さんも、初めの数ヶ月から数年は、普通の子と同じようにニコニコして、動きも活発で元気だった。

でも、あるワクチン接種の後から、 … Continue reading →

「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会-8月のテーマは、「腸内細菌と幸せホルモン」

発達障害の食事療法 – 公認療法士が詳しく解説

8月のテーマは、「腸内細菌と幸せホルモン」 … Continue reading →

「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会- 7月のテーマは、「野菜が毒になる時 – 炭水化物と腸内細菌」

発達障害の食事療法 – 公認療法士が詳しく解説

7月のテーマは、「野菜が毒になる時 − 炭水化物と腸内細菌」
… Continue reading →

「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会- 6月のテーマは、「腸の構造と腸内細菌の役割」

この会は、先日弊社より出版いたしました「GAPS 腸と心の症候群 ― 自閉症、統合運動障害、注意欠陥障害、難読症、注意欠陥・多動性障害、鬱病、統合失調症のための自然療法」を、皆様とご一緒に読み進めながら、日本人初の GAPS食事療法士である弊社代表の岡牧子が、重要ポイントや理解の難しい点の解説、質疑応答を行うものです。

6月の主なテーマ: 「腸の構造と腸内細菌の役割」 … Continue reading →

New!受講者の声 – マーク (ひどい腰痛)

今、何を感じていますか? 貴方の身体は、何を伝えていますか?

・・・頭で考えては、いけない!

私が牧子先生のところに通い始めたのは、2009年のことでした。ひどい腰痛と背骨のねじれを治してもらおうと、当時マンハッタンの東50丁目にあった、先生のオフィスを訪ねました。ヒーラーとしての素晴らしい才能を持つ牧子先生の処置のお陰で、一時的なひどい痛みはすぐに治まりました。でも、それで終わりではありませんでした。 … Continue reading →

5月の「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会

この会は、先日弊社より出版いたしました「GAPS 腸と心の症候群 ― 自閉症、統合運動障害、注意欠陥障害、難読症、注意欠陥・多動性障害、鬱病、統合失調症のための自然療法」を、皆様とご一緒に読み進めながら、日本人初の GAPS食事療法士である弊社代表の岡牧子が、重要ポイントや理解の難しい点の解説、質疑応答を行うものです。

5月の主なテーマ:GAPSの原因1.

  • 西洋医学において、自閉症の原因を探ってきた経緯と背景
  • 腸の構造と腸内細菌について
  • … Continue reading →

キノコの効能と美味しい食べ方―ビューリッチ・マッシュルームファーム

お気に入りのマッシュルーム屋さんに、インタヴューしてみました。 オーナーのミッシェルさんがとても情熱的にマッシュルームについて語る姿に、圧倒されました。 やっぱり何かをするなら、このぐらいの信念をもってするべきですよね。

牧子(以下M): 皆さん、こんにちは! 牧子です。ユニオンスクエアのファーマーズ・マーケットに来ています。今日は、水曜日に出店されているキノコファームをご紹介します。ニューヨーク州キャッツキルのビューリッチ・マッシュルームです。この美しいキノコを見てください。ホワイトマッシュルーム、オイスターマッシュルーム、ポートベロ・・・。こちらはビューリッチ・マッシュルームのオーナー、ミシェルさんです。こんにちは! … Continue reading →

「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会が、始まります!

「GAPS 腸と心の症候群」を学ぶ会が、始まります。

この会は、先日弊社より出版いたしました「GAPS 腸と心の症候群 ― 自閉症、統合運動障害、注意欠陥障害、難読症、注意欠陥・多動性障害、鬱病、統合失調症のための自然療法」を、皆様とご一緒に読み進めながら、日本人初のGAPS食事療法士である弊社代表の岡牧子が、重要ポイントや理解の難しい点の解説、質疑応答を行うものです。 … Continue reading →

GAPS-USA代表を、ご紹介します。

今回は、GAPS-USA代表のキャロライン・バーリンジャー(Caroline Barringer)さんを、ご紹介します。 … Continue reading →

ナターシャ・キャンベル-マクブライド博士、ご紹介。

昨年(2014年)11月に、ミネアポリスで行われた初めてのGAPSミーティングに、参加してきた時の写真です。勿論左がナターシャ博士、真ん中がご主人のピーター、そして右端が私(岡牧子)です。

ご主人のピーターさんが、事務的な事を全て管理されています。この一年半、彼と電子メールで、翻訳と出版の権利について、行ったりきたりやり取りしてきましたが、お目にかかるのはこれが初めてでした。てもフレンドリーな方です。私の我がままも、嫌がらずにきいていただきました。また、いろいろ勉強させて頂きました。 … Continue reading →

NHKスペシャル、特集「腸内フローラ」が放映されます!

22日のNHKスペシャルで、腸内フローラが特集されるそうです。

「ワクチン」や「抗生物質」に並ぶという書き方から、サプリメントや医療での利用を念頭に置いているのだと思います。

特集の内容は見てからでなければ解りませんが、腸内フローラ (英語では、Gut flora) が腸内細菌叢である事をお伝えしておきます。 … Continue reading →

日本語翻訳版 「GAPS 腸と心の症候群」、発売開始!

日本語翻訳版 「GAPS 腸と心の症候群 ― 自閉症、統合運動障害、注意欠陥障害、難読症、注意欠陥・多動性障害、鬱病、統合失調症のための自然療法」 を米アマゾンにて、昨日無事、発売開始いたしました。

米アマゾンから、アメリカと友好関係にある国であれば、日本やその他の国へ、何処へでも送ってくれます。 … Continue reading →

「GAPS Gut and Psychology Syndrome」の日本語翻訳版、もうすぐ発売開始!

皆様

Natural Healing Artists, Inc.から、嬉しいお知らせです。

この度、

「GAPS 腸と心の症候群 ― 自閉症、統合運動障害、注意欠陥障害、難読症、注意欠陥・多動性障害、鬱病、統合失調症のための自然療法」 を出版する運びとなりました。

世界で11言語に翻訳され、米アマゾン「自閉症・アスペルガー症候群」部門のベストセラー書籍にも選ばれた、ナターシャ・キャンベル-マクブライド医学博士著

「GAPS Gut and Psychology Syndrome」の日本語翻訳版です。 … Continue reading →

New 受講者の声 – GAPS (注意欠陥障害、統合運動失調症、言葉の問題、アトピー皮膚炎)

息子(現在8歳)にアトピー性皮膚炎とアレルギーの兆候が出始めたのは、彼が1歳半になった頃でした。効果がありそうな代替療法に期待して、いろいろと試してみましたが、息子のアトピーは年を追うごとに悪くなるばかりで、私達は希望を失っていきました。そこに追い打ちをかけるように、息子は喘息も発症したのです。喘息が悪化して息子が何日か入院した時、私達はその状況をとても現実だとは思えませんでした。

アトピーは時々感染症を起こし、それが痛くて息子はシャワーを浴びている間、泣き叫び続けました。 … Continue reading →

New! 受講者の声 ― ピーター(慢性偏頭痛)―

牧子先生のセッションを受けたこの2年間は、パワーに満ち溢れ、非常に多くの脱皮と変化を体験しました。

何人もの自然療法家に会い、様々な食事療法を試した中で、MakikoメソッドとGAPS食事療法は驚くほど効果的でした。それは私の身体と共鳴し、これまでにない大きな変化を起こしました。 … Continue reading →

ミルクの真実!- バーチウッド・デイリー・ファーム 第2部

M: すごいですね。私は日本生まれなのですが、一つ質問があります。日本では、気候が原因で、牛を飼育するのがとても難しいと言われています。それについてどう思われますか? 日本はご存知の通り、細長い島です。ですから北の地域はより北らしく、南の地域はより南らしく、気候が全く異なります。 … Continue reading →

ミルクの真実!-バーチウッド・デイリー・ファーム 第1部

牧子(以下M): こんにちは、牧子です。私は、Makikoメソッドの創始者です。今日は、バーチウッド・ファームからミルクのお話をお届けします。こちらは、このファームのオーナー、マイクさんです。彼にミルクについてお話して頂きます。こんにちは。

マイク(以下B): こんにちは。 … Continue reading →

New! 受講者の声- K.Uさんのケース (アトピー)

私が、牧子さんのところにいったのは、今年の2月の初旬。
子供のころからのアトピーが、冬の寒さ?で、いきなり爆発してしまい、
顔の特にほおの部分に湿疹がでて、黄色い汁がでて、ひどいことになっていました。

以前から食べ物については、オーガニックのものだったり、 … Continue reading →

New! 受講者の声- ポール(膝の痛み)

推薦状 — ポール 

 今の私があるのは、マキコ先生、貴方のおかげです。貴方が私にしたことは、まるで魔法でした。
 おかげで、私は長年つきまとっていた筋肉の問題から解放され、生まれて初めて柔らかい体を手に入れたのです。体が柔らかくなると、魂と心も柔軟になりました。貴方から教わった姿勢のレッスンを忘れないように今でも繰り返し練習ています。 … Continue reading →

私のホーム・ページへ、ようこそ!

心身一如の姿勢を目指す事は、 貴方の100%健康 で 幸せな人生への近道 です。
随分前に亡くなった明治生まれの私の祖母は、 「あの人は、お金はあるけど姿勢が 悪いはねえ。」などと、ある紳士を 批評し ていました 。彼女に言わせると、お金があっても姿勢が悪くては仕方がない そうです 。姿勢が悪いと 言うのは、彼女いわく、 「身体と心 のどこかが曲がっている」、つまり 不健康であってそういう人 は心底幸せではないそうです。

… Continue reading →

病気は、人生の課題。治すのは、貴方。

「Makikoさんの所へ行くと、必ず治るのですか?」と聞く人がいます。「さあ?貴方次第です。」と私は答えます。大体、こう聞く時点で、もうこの方は「治すという事」に失格です。「御自分の真実と向き合う心の準備が出来たら、改めてお越しください。」と、伝えます。

なかなか覚悟が決まらないけれど、一応セッションには頑張っていらっしゃる方々もいらっしゃいます。こういった方々は、覚悟さえ出来れば全てが180度転換する所まで来ているのですが、最後の一歩がでず、清水の舞台から飛び降りる事が出来ずに固まっているのです。 … Continue reading →

Comments are closed.